blog index

☆Kissした?KinKi☆

はい、しました(≧ω≦)そんなfutariが大好きです(*/ω\*)
<< 堂本剛☆薬師寺ライブ2010〜2日目〜(7月10日) | main | 堂本剛☆薬師寺ライブ2010〜2日目〜(7月10日) >>
堂本剛☆薬師寺ライブ2010〜2日目〜(7月10日)

(おことわり)
メモはとって来ましたが、つよっさん、ご存じのように言葉がどんどんどんどん溢れてくる人だから、とても全部は書ききれてません。(ちっともメモの方をみてないんで、ごちゃごちゃすっごいミミズ文字が並んでたりします(>_<))
間違いもあるかとは思いますが、ニュアンスでと、そして温かく読んで頂けたら嬉しいです。
もちろん完レポなんてものとは宇宙規模で天文学的数字でかけ離れてるもので、いっぱい飛んでますし、いっぱい抜けてるものもあります。
メモも途中で書き切れてない部分は、記憶と、そして そういうような内容だったと、とってもアバウトな感じで書かせて頂きますが、お許しくださいませ。

つよっさんの言葉は、どれも胸に響く言葉ばかりですが、その中でも私がとても気付かされたり、感動したり、特別にマークしたり色を変えたりしたくなる言葉もたくさんあります。
でも今回はあえてしません。 読んでくださった人がそれぞれ、それぞれの目線で自由に感じてくださるほうがいいと思いました(*^_^*)



【レポもどきぁ

3曲目『春涙』のあと。

歌う前、歌ったあと、そのたびに左を向いてマグで1口1口、何かを飲むつよしさん。
ステージに向かって左側のLEFT席にいる私からは、そのたびに後ろ姿なんだけど。
その後ろ姿をじっと眺めてた。

そして前を向いて、「ありがとうございます。」と静かに話し出す。

「チャリティーと思うチャリティーと、チャリティーと思わず自然にできるチャリティーがあると思うんです。」
  

「自分が何か出来るために、この命を頂いている。」

 
「(こういう仕事をしていると)色々ルールてのがあって、叶わないことが多い」
 
「でも薬師寺さんで、自分の地元で、こうしてライブさせて頂ける。それはすっごく嬉しくありがたいこと。」
「しかも2年越しで・・・これはご縁がないと出来ないことだと思います。」
「生きていることに感謝しながら、全身全霊でライブした。」
「それからも毎日朝晩、薬師寺さんの境内を思い浮かべて感謝していた。」
「別にそこに(その場所に)いなくても、(感謝したり想ったり)出来る」
「想像力で感謝できるというのは人間の素晴らしさ」

「便利が一番いいとも思わない。」
「不便が一番良いとも思わない。」
「自分で決めろ。自分で感じろ。」
「求めるのではなく、与えていく。」
「感謝する。」

「自分一人で楽しくても、幸せでも、意味がない。」

「生きていることに感謝する。」



なんのお話からか・・・(自由にライブを楽しんでください。って感じのお話からだったと思いますが)
「後半ヒールが・・・」って言いかけて、とっさにトーンが変わって。
(この変化をあえていうなら・・・お坊さん的な剛さんから、光ちゃんの横にいるつよっさん的に。うん?)ちょっと含み笑いな感じ(思い出し笑いといいますか・・・)で、

「あの、話、めっちゃ変わる。めっちゃ変わるんですけども(笑)ヒールってマンホールの穴にはまるものなんですか?」

の質問に、今まで静まりかえってじっくり聴いていたファンの様子もがらっと変わって(笑)「あるーーー」「あるーーー」と口々に(*^_^*)。

「“ヒールあるある”なんですね。」

「ヒール履いて来た人ーー?」って聴いて、
そのあと、ひときわ大きな声で(笑)
「奈良にね、ヒールで来るとは何ぞや!!」って(爆)←ちょっと、ろくろー風で。

もとのつよっさんに戻って、
「道中、気をつけてくださいね、芝生や土にヒール奪われますから(笑)」
「あと、紙袋を普通に持ってたら、気をつけてくださいね。鹿に食べられますからね(笑)」
「鹿さんもね、ほら、海でもあるでしょ?釣り人が残していった物だとか、そういうのを食べて死んでしまったり・・・。鹿さんもね、ビニールを食べてしまったり・・・観光客の人たちが自分たちが食べるような物を与えてしまったりとかで・・・・是非、鹿せんべいのみでお願いしますね。」

「こうやって奈良に足を運んで頂いて。今日も、明日も、よかったらあさっても(笑)。なんなら、1ヶ月滞在して頂いても・・・」って先ほどのご住職さんのお守り紹介っぽい感じで。おっ!観光特別大使!って感じのお茶目なつよっさんでした。

このあと、メンバー紹介。(お名前の表記が違ってたらごめんなさい。一応は調べたんですが自信ありません)
「ベース:吉田建」
「ドラムス:屋敷豪太」
「パーカッション:スティーヴ・エトウ」
「ギター:名越由紀夫」
「トロンボーン:サスケ」
「トランペット:ふさはらただひろ」
「サックス:かわ島崇文」
「キーボード:十川知司」
「そして私。奈良の、奈良の、流星のごとく現れた、堂本剛です。(笑)」


「奈良のもう一つの楽しみが『空』。」
(「僕が特に好きなのが」だったか、「僕のおすすめは」だったか)「平城宮跡。」
周りになにもなくて空が広い。

「空の色が、ブルーからオレンジになって、ピンクになって紫になっていく。」
「(ライブで)自然の移り変わりも楽しんでください。」


「全くの余談かもしれませんが、リハーサルをステージでしていたら、西側の空に虹が、あの虹って漢字で龍って意味もあって」
「僕が出たのがきっかけってぐらい(笑)」

「どんな風な夜空になっていくか。」

「奈良に天の川とか見に来はったらいいと思いますよ。」
「すっごく綺麗で、(「よくアニメとかであるような」だったっけかな?たとえ部分が違う気がします)あのまんまの天の川が見れますから。」


だんだん暮れかけてきて、空の色も変わっていってて、ライトアップされてるのがだんだんはっきりした色になっていく。まだ暮れちゃいなくて。でもさっきまでの明るさでもなくて。そんな感じの中、

4曲目『Love is the key』

5曲目『Chance Comes Knocking』

6曲目『Blue Berry』


・・・ここでいったん、終わります(*^_^*)
が、まだつづきますよ〜ん。

ジャニーズブログランキング
←よろしかったらポチッとしてやってください。
こちらの方も、引き続きお願いします(*^_^*)

web拍手
読んでくださってありがとうございました(≧ω≦)


| みゆぽん | KinKiさんのこと | 23:54 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする


  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

bolg index このページの先頭へ